無料の古紙回収で広がるリサイクル

無料で古紙回収がされたあと、いったい何にリサイクルされているのか気になります。ダンボールはダンボールにしか再生されないというのは有名な話ですが、新聞紙や雑誌、そのほかの古紙の行方も気になるところです。古紙と言えば新聞紙、というくらいに昔から回収されていた新聞紙、リサイクル後は新聞紙やコピー用紙に生まれ変わります。雑誌類はその色鮮やかさもあり、お菓子の箱や雑誌に生まれ変わります。どの紙もリサイクルされることで新たな命を吹き込まれているのです。

近年、無料の古紙回収で見かけるようになったティッシュの箱やラッピングペーパーなどは雑がみと呼ばれるものであり、これらはダンボール箱になります。ダンボール箱のなかでも材質が柔らかく軽い素材でできているものがありますが、そのようなダンボールに向いています。意外とこの雑がみにあたる古紙は多く、お菓子の箱やカレールーなどが入っている箱など種類が幅広く多いだけに、今後ダンボール素材を作るためにかなり活躍してくれそうです。物流には欠かせないダンボールですが、最近では収納ボックスなどに作られることも多いため活躍の幅はさらに広がりるでしょう。

そのほか、牛乳パックは再生されてトイレットペーパーに生まれ変わります。トイレットペーパーは何よりも欠かすことのできないものであるため、牛乳パックを回収するスーパーもあるくらいです。